msvcp140 dll の見つからない Windows エラーを修正するには?

答え

Microsoft は、この問題を解決するためのいくつかの方法を提供しています。 一部のユーザーは、問題を解決するためにソフトウェアをアンインストールして再インストールする必要があることに気付きました。 他の人は、ソフトウェアに関連するファイルを削除してから再インストールする必要がありました. 問題を解決するために、一部のレジストリ キーを変更しなければならなかった人もいます。

100% 動作している Windows コンピュータに MSVCP140.dll が見つからないため、プログラムを開始できません

Windows 10、8、7 で見つからない MSVCP140.dll を修正する方法 (2 つの修正)

MSVCP140 dll が見つからないのはなぜですか?

一部のシステムでは、Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (MSVCP140) が見つかりません。 この dll は、Microsoft ソフトウェアを実行するために必要です。 この dll がないと、一部のアプリケーションが動作しない場合があります。 dll が自分のシステムで利用できないと報告した人もいれば、Microsoft の Web サイトから削除されたと報告した人もいます。

一部のシステムで MSVCP140 が欠落している場合、いくつかの理由が考えられます。 理由の 1 つは、Microsoft がソフトウェアに提供するサポートのレベルについて考えを変えたことです。 もう 1 つの理由は、Microsoft が MSVCP140 のパッケージ バージョンを提供しなくなったことです。

MSVCP140 dll と VCRuntime140 dll の欠落エラーを再インストールする方法は?

MSVCP140 dll および VCRuntime140 dll 不足エラーを再インストールするには、まずこれらの dll に関連付けられているファイルとフォルダーを見つける必要があります。 これを行うには、Windows オペレーティング システムのファイル エクスプローラー ツールを使用するか、FIND と呼ばれる特別なプログラムを使用できます。 ファイルとフォルダーを見つけたら、適切なアプリケーションを使用して、そのアンインストーラーを使用して dll をアンインストールできます。

MSVCP140 dll 64 ビットはどこに置くべきですか?

Microsoft System Center Configuration Manager Foundation 2020 (MSVCP140) dll をインストールする場合、システムからアクセスできる場所に配置する必要がある場合があります。 MSVCP140 dll 64 ビットの主要な場所を次に示します。

インストーラー: C:\Program Files (x86)\Microsoft System Center Configuration Manager 2020\bin

セットアップ: C:\Program Files (x86)\Microsoft System Center Configuration Manager 2020\setup

構成マネージャー: C:\WINDOWS\system32\configurationmanager.

MSVCP140 dll はどこにありますか?

Microsoft Windows Server 2008 R2 および Microsoft Windows 7、8.1、および 10 の dll ファイルは、次の場所にあります。

  1. Windows Vista および XP では C:\Windows\System32\msvcp140.dll。
  2. Windows 7、8.1、および 10 では C:\Windows\SysWOW64\msvcp140.dll。
  3. \Device\Harddisk0C0D0~$PSVersionNumber$ (MacOSX の場合);
    MSVCP140 は、Office 2010 や OneDrive for Cloud Storage など、いくつかの Microsoft アプリケーションに必要なコンポーネントです。

msvcp140 dll をコンピューターにインストールする方法を教えてください。

Microsoft Windows Driver Framework (MSVCP140) のインストールは、ほとんどのコンピューター インストールの前提条件です。 このフレームワークは、Windows オペレーティング システムの機能にアクセスするために必要なドライバーを提供します。 ただし、すべてのコンピューターにこのフレームワークが付属しているわけではないため、手動でインストールする必要がある場合があります。

これを行うには、Microsoft Windows Driver Framework インストール パッケージからドライバー ファイルを見つけて抽出する必要があります。 解凍したら、コンピュータのハード ドライブにコピーする必要があります。

Windows 10 64 ビットに DLL ファイルをインストールする方法

Windows 10 は、64 ビット プラットフォームで動作する Windows オペレーティング システムです。 Windows 10 64 ビットに DLL ファイルをインストールするには、Windows インストーラーを使用する必要があります。 Windows インストーラーは、必要な DLL ファイルを見つけてインストールするのに役立ちます。

Windows 10 で VCRUNTIME140 dll を再インストールする方法は?

Windows 10 コンピューターに VCRUNTIME140dll がインストールされている場合、破損している可能性があります。 dll が正しく機能しなくなったり、完全になくなったりする可能性があります。 この問題を解決するには、dll を再インストールする必要があります。

VCRUNTIME140 dll はどのフォルダーに配置すればよいですか?

この質問に対する答えは、人が考えるほど明確であるとは限りません。 VLC プレーヤーが通常プラグインをインストールする場所である場合は、VCRUNTIME140 dll を「%ProgramFiles%\Viacom\VCM\plugins」フォルダーに配置できます。 「%UserProfile%.localAppData\Roaming\Viacom」など別のフォルダに配置すると、VLCプレーヤーが認識せず、インストールできない場合があります。

Windows 11でmsvcp140 dllを修正するには?

Microsoft は、攻撃者が認証なしでコードを実行できる可能性がある Windows 11 オペレーティング システムの脆弱性に対する修正プログラムをリリースしました。 この修正は、すべてのユーザー向けの更新プログラムとして提供されており、ユーザーがそれ以上の操作を行う必要はありません。

msvcp140 dll を無料でインストールするには?

お金を払わずに Microsoft Visual C++ 140 コンパイラをインストールする方法を探している場合は、いくつかの方法があります。 1 つの方法は、ダウンロード センターや一部の Web サイトから無料で入手できる MSVCP140 インストーラーを使用することです。 もう 1 つの方法は、必要なツールとファイルが付属している別のインストーラーを使用することです。

Windows 10でdllエラーを修正する方法?

  Linux で Windows アプリケーションを開発できますか?

Windows 10 には、ユーザーにとって魅力的なプラットフォームとなる多くの機能があります。 機能の 1 つは、複数のアプリケーションを並行して実行できることです。 これにより、多数のタスクを同時に実行できるようになり、欠落したファイルの必要性もなくなります。 ただし、潜在的な欠点は、特定の dll を使用しようとすると、Windows 10 でエラーが発生する可能性があることです。 これらのエラーが発生した場合は、動作中の DLL に置き換える必要がある場合があります。

不足している DLL ファイルを Windows 8 64 ビットにインストールする方法は?

Windows 8 を 64 ビット システムにインストールしていて、不足している DLL ファイルをインストールする必要がある場合は、次のヒントを参考にしてください。 最初に、不足している DLL がアプリケーションまたはオペレーティング システム自体で必要とされているかどうかを確認します。 それらが不要な場合は、Windows 8 をインストールする前にそれらをアンインストールします。次に、インストール パッケージから dll ファイルを見つけて抽出します。 このファイルを管理者として実行して、ディレクトリにインストールします。 最後に、インストーラーが不足している DLL のインストールを完了したら、コンピューターを再起動します。

Msvcp のインストール方法

Msvcp をインストールするには、まず Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ (Msvcrp) をインストールする必要があります。 Msvcrp は、Windows アプリケーションに必要なライブラリとランタイム コンポーネントを提供します。

dllエラーを修正するには?

dll ファイルでエラーが発生した場合は、エラーを修正するためのヒントをいくつか紹介します。 まず、プログラムに必要な DLL の正しいバージョンがあることを確認します。 正しいバージョンでない場合、プログラムを正しく実行できない場合があります。 次に、プログラムが正しくインストールされ、正しいファイルにアクセスできることを確認してください。 3 番目に、コードのエラーをチェックし、必要に応じて修正します。 最後に、DLL が適切に動作し続けるように、DLL の更新を確認してください。

dllを手動でインストールする方法は?

プロセスに慣れていない場合、adlls を手動でインストールするのは時間がかかり、困難な作業になる可能性があります。 最初に、dll のインストール方法と手動でのインストール方法を理解することが重要です。 次に、提供されているインストール手順を使用してプロセスを完了できます。

msvcp140 dll を Windows 7 に再インストールする方法

最近 Windows 7 に Microsoft Visual C++ ランタイム (msvcr140) をインストールした場合、再インストールの方法を知りたいと思うかもしれません。 msvcr140 dll は、Windows オペレーティング システムに必要な部分であり、オペレーティング システムの多くの機能に必要です。 これがないと、オペレーティング システムの一部の機能が正しく動作しない場合があります。